四月大歌舞伎

今日は『リメンバー・ミー』をおかわりしてた人が多かったかもしれませんね。
私は先月に続いて歌舞伎座へ♪

<夜の部>
絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)
立場の太平次
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候

仁左衛門さんによる悪の魅力たっぷりの作品、今回が最初で最後となればやっぱり観ておかないと(ババ様曰く)となりました。
先月と同じく今回も3階席(笑)
いろいろ迷って3階の通路前の真ん中の席にしましたが、これが当たりでした。
後ろを気にしないで良いし、出入りが楽だし~

作品としてはとにかく人が次々と殺されていきます。
最後には登場人物がほとんど生き残っていないなんて。。。
でも不思議と悲壮感はあまりないんですよね。
そして仁左衛門さんがとにかくカッコイイ
2人の悪人を演じていますが、それぞれ違った魅力がありました。
私は町人太平次のほうが好きだなぁ。
茶目っ気と色気があって、平然と人を殺す姿に客席から歓声が上がるってスゴイ
それと彌十郎さんが弥十郎役をやっているので、イヤホンガイドを聞きながら個人的にツボってました(笑)
その彌十郎さんが最後に美味しいところを持っていってビックリでした。

仁左衛門さんは3ヶ月連続の歌舞伎座公演ですね。
ガッツリ出ずっぱりの今月の演目は、体力的にも大変だと思います。
最後まで無事に演じきってくださることを祈っています。

帰りに駐車場で車が出てくるのを待っているときに、ババ様が隣に座っていた杖をついたおばあ様と「仁左衛門さんはやっぱりカッコイイですよね」と楽しそうに意気投合していました。
仁左衛門さんの前では、おばあ様たちも可愛い乙女になっちゃうんですね。
私も30年後とかヨボヨボになっても、直人さんを見て乙女になれるといいなって思っちゃいました。
30年後の自分の姿は、あまりに怖くて想像したくないですが~(爆)

三月大歌舞伎

3.11 14:56 黙祷。。。
微々たることですが、出来ることからコツコツと【いま応援できること。





7日の水曜日に歌舞伎座に行きました。
発売日直前にババ様がやっぱり行く!と言い出して、チケットをゲット。
先月から続いているニザ玉祭りです~

<夜の部>
一、於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)
二、神田祭(かんだまつり)
三、滝の白糸(たきのしらいと)

仁左衛門さんと玉さまがガッツリ魅せてくれる二つの演目は、観る価値あり
お染久松では“悪”の魅力がたっぷりなの。
神田祭では仁左衛門さんのすらりとした生おみ足が美しかったです~。
神田祭の最後、花道の引っ込みでのイチャイチャっぷりが最高っす
滝の白糸はつまらなくはないですが、とにかく暗い。。。
泉鏡花だから仕方ないとババ様は言ってましたが。
ストーリーはもちろん、舞台の照明も薄明かりが多くて、睡魔に負けないように頑張りました

席は3階の東席、斜め上からの鑑賞なので上手側は死角もありますが、花道はバッチリ見えます。
後ろに人がいないのもババ連れには助かります~
3階席は埋まっていましたが、2階は空席も結構あったかな。
幕見席は1幕目と2幕目は立ち見も出ていましたけど、3幕目はガラガラ

三月を観ちゃったババ様は、来月の仁左衛門さんも観たいとなったわけです。
続けてなので、来月も3階で節約です~(笑)

岸 リトラル

タイトルは先週の水曜日に行った舞台です。
初日20日の少し前に新聞記事でこの舞台のことを知って、是非観たいと思ったんですよね。
レバノン出身の劇作家ワジディ・ムワワドの“約束の血4部作”の第1作。
以前に観劇した『炎 アンサンディ』のルーツとも言えるのが、『岸 リトラル』だそうです。
主演は私の気になる役者さんの一人である岡本健一さんです。

というわけで開幕直前にチケットを探したんですが、運良くおけぴで譲っていただけることになりました。
それもサイドでしたが、なんと最前列のお席
シアタートラムとおけぴは相性が良いみたい(笑)
それでなくても舞台がめっちゃ近いシアタートラムなので、舞台の熱気がいやってほど伝わりましたよ。

ストーリーは複雑なような単純なような。。。
炎に比べて思った以上に笑える部分があったので、観終わった後はスッキリできた気がします。
一つ一つのエピソードは逆に生々しく辛かったりもしましたけど。
理解できないシーン?演出?がいくつかあったなぁ。
役者さん達は皆さん本当に身体を張って演じていらっしゃいました。
そして舞台役者としての岡本さんは、やっぱりステキでした~

上演時間が15分の休憩を含めてなんと3時間半、演じる側も観る側も体力勝負の舞台でしたわ。

呼人さん♪

20180108武道館1 昨日の日本武道館☆

昨夜は寺岡呼人さんのバースデーライブに行ってきました。
昨日2月7日に50歳のお誕生日を迎えた呼人さんと多くのゲストの方々による盛大なお祭りのようなライブでした~
ゲストがとっても豪華で、桜井和寿さん、ゆずさん、Kくん、そして“神”さだまさしさん、それぞれに呼人さんと縁のある方々だそうです。
会場となった日本武道館は、バックスタンドの最上段の後ろの立ち見席までぎっしりの人!
360度観客で埋め尽くされた武道館は壮観でしたよ。
私はサイドスタンド上空席でしたけど、巨大スクリーンが目の前で見やすい(笑)
とにかくチケットがゲット出来てホント良かったです
それと当日ちょっとしたアクシデントがありましたが、ご一緒してくださった直友さんたちの協力のおかげで、無事に解決できて感謝です。

誰のファンというわけではないので、フラットな気持ちで参加しましたが。。。
メチャクチャ楽しかったです。
ゲストがこれだけ豪華だとね、もうスゴイとしか言えませんよ。
印象的だったのはゆずの北川さんのテンションの高さ
こんなに面白くてチャーミングな人だったんですね。
ゆずの単独ライブはずっとこのテンションが続くのかと思うと、どうなっちゃうんだろうと興味が沸きましたわ
呼人さんとゆずの3人で歌ったあの曲、今回アクシデントで参加できなかったT様と一緒に聴きたかったです。。。

とにかくゲストの方一人一人の歌がそれぞれ素晴らしくて、最初から最後まで聴き惚れちゃいました。
それと呼人さんとゲストの方々の会話がとっても楽しくて~♪
呼人さんの素敵な人柄が伝わってきましたよ。
ライブ時間は3時間を超えてました。
呼人さん、ゲストの皆様、楽しいライブをありがとうございました~。

20180108武道館2 直人さんらしい品のあるお花~
関係者席に小泉進次郎さんがいらして、握手や写真撮影に快く応じていました。
会場内で写真撮影は良いのか?!と思わなくもないですが、さすがの神対応でございました。
私は遠くからオペラグラスで見ていただけですが~(笑)

浅草を満喫。

毎年恒例の新春浅草歌舞伎に行ってきました。
歌舞伎座に行くのは体力的にもう無理かも・・・と言っているババ様ですが、浅草歌舞伎には今年も行くことができて良かったです。
こちらは上演時間が短いしね。

若手歌舞伎俳優の登竜門で、ここ何年かは松也さんが中心になって若手を引っ張っています。
松也くん、貫禄がついたわ~
今回はちょっと奮発して花道横の席だったんですが、松也さんが目の前に立ったときに、随分太ったなぁと驚いていたら。。。
お相撲さんの役でした(爆)
あれは衣装というか、着ぐるみだったのね

2018浅草歌舞伎1 最近の流行りですか?(笑)
ここで写真を撮ってツイートすると、抽選でプレゼントが当たるんですって。
若いお嬢さんたちが、楽しそうに写真を撮っていましたよ。

浅草歌舞伎に行くときは、必ず浅草寺にお参りします。
これも大事な恒例行事。
今回はメインの仲見世を通らず、西参道から行ってみました。
2018浅草歌舞伎2 帰りにはすっかり閉店していた西参道
ここは天然ヒノキで作られた木道の商店街らしいです。
美味しそうなメロンパンがあったんですけど、観劇後に夕食の予定があったので我慢しましたよ~。

その夕食は、洋食のヨシカミへ♪ ヨシカミ1
老舗の人気洋食屋さんで、いつか行ってみたいと思っていたんです~。
店内は決して綺麗ではありませんが、サイン色紙が壁いっぱいに並んでいました。

ヨシカミ2 ヨシカミ3 
ヨシカミ4 定番メニューの3品を2人でペロリ☆
左上のポークソテーは柔らかくて、サッパリした醤油ソースがご飯に合うわ。
って、白ご飯は頼んでないけど(笑)
オムライスの卵が破れているのはご愛嬌。
オムライスにナポリタンと、懐かしいようなとっても優しい味でした。
店員さんもお客さんも老若男女入り乱れ、誰もが楽しそうなお店でした。
次はビーフシチューかハンバーグを食べてみたいなぁ。
天使のハート
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

しましまゼブラ

Author:しましまゼブラ
いくつになっても明るく楽しくまったり生きてます(笑)
流れに任せて2010年4月より、鍼の治療院を開業中!!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見やご感想などいつでも大歓迎です。こちらからお気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Natural Flower
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Thank you for coming