All archives    Admin

2015'09.18 (Fri)

37.5℃の涙 #10(終)

カフカの初日は大盛況だったようですね。
観劇された直友さんたちによりますと、直人さん演じる大島さんはとても素敵だったとのこと
ロンドン&ニューヨーク公演の経験が、大きな自信になっているのでしょうね。
マイ初日の来週の水曜日が、今からとても楽しみです~

その前にまずはドラマ『37.5℃の涙』を、しっかり見届けましたよ。
キャスト&スタッフの皆様、お疲れ様でした。
直人さんはスケジュールがギチギチな中での参加で、大変でしたよね。
出演時間は短くても、ピリッとドラマを引き締めるキャラになっていたと思います。

【More】

ドラマのストーリーは重苦しい展開が多くて、何回もリピートしたくなるような感じではなかったですが(汗)、終わってみれば意外とまとまっていたような気もします。
自分でもどう言えば良いのかわかんないけど~。
個人的にはもう少し病児保育の仕事についてをメインにして、家族の話はサラッとが良かったかな。。。

毒母の桃子に対する行動の理由は、やっぱりそういうことかって話であっけなく終了
決して納得はできないし、理由として正当化できるものでもないですけど、彼女はどう考えても100%病気なんだよね。
桃子をはじめ、兄も姉も犠牲者と言えるし。
母よりも一番罪深いのは、父親だと思うな~。
自分の妻の病気をわかっていながら放っておいて、子供たちが犠牲になっていても見て見ぬふり。
あんなテープを残して死ぬくらいなら、どうして生きているうちに、自分の言葉で桃子に伝えなかったのかと思うと、死んだ人なのに腹立たしくなっちゃったよ
お兄ちゃんは医者になったんだから、母の病気を観抜けそうなものなのに。。。
まぁどうでもいっか
いろいろなものをふっ切った後の桃子の笑顔がとても可愛くて、それでOKです。
恋の結論はあそこで出さなくて良かったですよね。

それに桃子の恋よりも、柳さんの大人の恋が気になりますぅ
最後のめぐみさんとの2ショットは、ファンへのサービスでしょうか?
柳さんは当初のマニュアル重視の厳しい鉄仮面から、いつの間にか優しい上司に変身。
ついでに髪型もどんどん変わっていった、スーツ命のおしゃれさん(爆)
最後は桃子を救うために(建前は会社のためでも・笑)、奔走していましたね。
さすが社長!
だから來くんと再会できたのね~。
控えめな柳さんの微笑にキュンとしましたわ。

そうそう、ラッキーなことにエキストラに参加できたんですけど(柳さんは残念ながら不在)、そのときにちょっと小耳にした話がありまして~。
藤木さん(って呼ばれていました)のスーツを新調しないといけないとか何とかってことだったんですけど、撮影では新調してもらえたのかしらん?
最後のクリスマスのシーンのことだと思うんですけどね。
それとそのときスタッフさんにきちんと挨拶をしていた子役ちゃんが、今思えば來くんだったのね。
このドラマではスーツ姿しか見られませんでしたけど、やっぱり直人さんのスーツ姿はテッパンだと再確認したドラマでもありました
22:34  |  Naohito  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2538-d03b9517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |