演出家:蜷川幸雄。

「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」を観ました。
14年11月に香港で倒れて以降の蜷川さんにスポットを当てて、その生きざまを追ったドキュメンタリー番組です。
この番組は関東ローカルだったんですよね。 あぁ残念過ぎる。。。
蜷川幸雄さんの溢れんばかりのエネルギーを感じられる、とても濃密な番組でした。

番組の最後に宮沢りえさんが、最近の蜷川さんの印象を語っていました。
車イスに乗ろうが、鼻に管が入っていようが、やっぱり魂がたぎってるなっていうのはすごく感じるし、たぎる温度はもしかしたら、灰皿投げているときよりたぎっているのかもしれないぞって思うくらい、演出されているときの横顔とか、なんか天と地をにらむ見えを切る人みたいに、すごいまなざしで役者をにらんでる。
病に倒れてなお、生きる気力をパワーアップしているような蜷川さんですね。
それに直人さんの『尺には尺を』が決まり、今年は蜷川ワールドのど真ん中に直人さんも飛び込むんだと思うと、より興味深い番組になりましたし。

番組の演出を担当されたのは源孝志さん。
全編に渡ってカフカの音楽が使われていて(藤原くんの話しているときなどでも)、すっかり蜷川ワールドに引き込まれていましたよ。
稽古場密着の中心は、ハムレットとカフカの2作品。
映像の中で一番しごかれていたのは藤原くんですね。
もうホント、あれはすさまじかったです。
他には満島さんや新之くんとかも~。
放送禁止用語も飛び出したりして。 
放送では隠されてるから具体的な言葉はわからず(爆)
稽古の様子はいろいろとありましたが、直人さんが直接ダメ出しをされている場面はなかったですね。
これは次回作で味わうことになるのかな。

役者さんのインタビューなどで、とても気になったのは市村正親さんの言葉です。
なんと市村さんまでも、ダメ出しされているんですよ。
それについて市村さんがこんなことをおっしゃっていました。
僕は凹まないんですよ。凹んだところで先に進めないですから。
凹む俳優って自分が何者だって、どの程度かってことをね、過大評価してると思うんですよ。
俳優なんか演出家の前いったらゼロですからね。
凹むなんてそんな自意識持ってたら、芝居なんてできないですよ。
相手はシェイクスピアですよ。
凹む人はいるんですよ。若い子が凹むんですよ、意外と。無口になるんですよ。
蜷川さんがボンベを入れながら死んで出してくれるダメ出しに、凹むバカがどこにいますか。
それは受け止めないと。しっかり受け止めて返さないとね。


この番組を直人さんもチェックされていると思いますが、どう感じたかしらん?
蜷川さんからのしごきが少しは楽しみになったでしょうか。
りえさんも今回は新之くんが中心にいて、自分はダメ出しされないのが寂しいようなことを言ってましたよ。
とにかく蜷川さんのシェイクスピア作品の主演に抜擢だなんて、本当に名誉なことですよね~
とことん頑張ってくださいませ。

そして厳しい稽古の様子だけでなく、ちょこちょこ流れる舞台裏の映像に興味津々
直人さんの映っていた部分だけ、画像を中心に簡単にピックアップしておきますね。
スマホで撮った画像なので、綺麗じゃなくてすみません。
 
☆カフカのキャスト紹介 疾走する蜷川幸雄1

☆2014.5.1 カフカ読み合わせ・本読み 疾走する蜷川幸雄2

☆カフカ稽古の様子 疾走する蜷川幸雄3

☆直人さんのインタビュー 疾走する蜷川幸雄4
新之くんはお芝居をしたことがないし、っていうところで、「とりあえず声を強く出せ」と。
「大きい声を出せ」「それに内面が追いついて来るんだよ」とおっしゃっていて、すげぇなと思った。
やっぱりこうねぇ、いかにセリフを読んで内面を埋めて行くかというか、その表現が外に出てくるかってことばっかり考えてて、なかなか外側から埋めてくっていう発想がなかったんで。
でまぁ僕は映像ばっかりやっているんで、やっぱりちょっと大きな声で演じなきゃいけないっていっても、なかなかそこにはまれない気がしてて、そういうやり方もあるのかって思いながら。。。


☆2014.6.1 公演初日 疾走する蜷川幸雄5
舞台に向かうハイテンションの宮沢りえさんを笑顔で見送る2人

☆蜷川さんに激励されて~ 疾走する蜷川幸雄6

☆海外公演前 思い出し稽古 疾走する蜷川幸雄7
新之くんがダメ出しされているとき、さり気なくカメラから外れようとするお人(笑)

この後の海外公演に向けての蜷川さんからのコメントが感動的で。。。
こんなにいい戯曲、それにこんなに良い原作って、絶対にないと思うんだよね。
人生でもめったに出会えないことだと思う。
ぜひ自信を持って、このすばらしい作品の内容を届けて下さい。
俺 本当に行きたいんだけど、こんな人生がくるって、若い時思ってなかったから。
行きたいけど頑張って、よろしくお願いします。
新之 この野郎。悔しいな。

この言葉を聞いたりえさんは、そっと目頭を押さえていましたね。

☆2015.5.26 蜷川さんに見送られてロンドンへ出発
疾走する蜷川幸雄8 疾走する蜷川幸雄9

☆ロンドン公演カーテンコール 疾走する蜷川幸雄10

☆バックステージパーティー 疾走する蜷川幸雄11

☆2015.10.15 蜷川さん80歳のバースデーに、りえさんが届けたケーキ
疾走する蜷川幸雄12 カーネルさんが目立つ~(笑)

直人さん、元旦VOICEをありがとうございました。
今年は蜷川カンパニーの一員として、蜷川さんとガッツリ向き合う日がやってきますね。
それは実り多き素晴らしい経験になることでしょう。
楽しみにしています

コメントの投稿

非公開コメント

天使のハート
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しましまゼブラ

Author:しましまゼブラ
いくつになっても明るく楽しくまったり生きてます(笑)
流れに任せて2010年4月より、鍼の治療院を開業中!!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見やご感想などいつでも大歓迎です。こちらからお気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Natural Flower
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Thank you for coming