All archives    Admin

2016'05.13 (Fri)

偉大な演出家

メディアでの蜷川さんの訃報の取り上げられ方の大きさから、蜷川さんがどれだけ凄い人だったかを今更ながらに感じます。
お決まりになっている厳しさのエピソード以上に、関わった人の口から必ず語られるのは、役者に対する愛情の深さです。
私でさえこんなに動揺しているのに、直人さんにとってその衝撃は計り知れないものでしょうね。
そんな中で真っ先にファンに対して気持ちを伝えてくれて、本当に嬉しかったです。
直人さんの言葉にどれだけホッとしたことか。。。
泣いてばかりもいられませんよね。
蜷川さんのためにも、哀しみを乗り越えて、素晴らしい舞台を作り上げてください。

今日のテレビをいくつか見てみましたが、私が気付いたものでは、「ひるおび!」でカフカの舞台の映像が使われていました。
正午過ぎから、トータルで17分くらいの映像でした。
稽古の様子や直人さんのコメントもあり。
言葉は直人さんがファンに向けて語ってくれた、VOICEの抜粋ですけどね。

蜷川さん1 蜷川さん2

蜷川さんの遺作となる「尺には尺を」の説明がないので、ちょっと意味不明なコメントになってますが
上演に当たっては、最後の演出作品として嫌でも注目が集まることと思います。
プレッシャーは蜷川さんからのエールと思い、自信を持って演じきってくださいね。

蜷川さんは最期まで現場復帰することを信じて、自分と闘ってらしたんですね。
「海辺のカフカ」で蜷川さんの作品に関われたことは、直人さんにとって何物にも代えがたい素晴らしい経験になったはず。
その運命的な出逢いに、私たちファンも感謝の気持ちでいっぱいです。
蜷川さん、本当にありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。
無念とは思いますが、これからも蜷川さんを慕っている多くの人々を、深い愛情で見守ってくださいませ。
16:03  |  日々雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2707-9ebaf874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |