All archives    Admin

2016'05.22 (Sun)

叡古教授の事件簿

主演サイコー!!
変人サイコー!!
叡古教授はとっても魅力的なお人でしたわ。

番組の冒頭なかなか出てこないのでやきもきしていたら、7分55秒後に満を持して登場されました~
それ以降はほとんど出ずっぱり。
しかもよくしゃべることしゃべること。
叡古教授の事件を、たっぷり楽しませていただきました♪

バタバタしていてまだリピート出来てないんですけど、記憶が新しいうちにまずはこちらの感想を書いちゃいます。

【More】

「地の巨人」と言われる文系のスーパーヒーローですが、理屈っぽいところは、直人さんと通じるところもあるかもね~なんて思っちゃいましたよ。
ビジュアルは文句なく美しく、こだわりのファッション(蝶ネクタイとかね・笑)も最初はどうかと思っていましたが、全然大丈夫でした。
っていうか、叡古教授にメチャクチャ似合ってましたよね。
パイプのくわえかたがこれまたセクシーで~。
ちょっと笑える思考モードの立ち姿も含めて、動きが全てにおいてイチイチ美しかったです。
予告で自転車をかっ飛ばす姿があったと思ったら、車は苦手なんですね。
弱っちいし。
そんな完璧じゃないところにもやられました~。
そして娘を溺愛している、本当にチャーミングなお人でした。

清水富美加ちゃんとの親子関係は、思った以上にしっくりしていましたね。
2人のやり取りが超可愛くて、ニヤニヤしながら観ちゃってました
さくら子ちゃんの恋を応援するパパぶりも素敵でしたよ。
天然女優さんとの相性は、バッチリな直人さんですもの(笑)
それに宇野辺親子よりも、他の方々の親子関係の方がもっと凄くて。。。
高橋ひとみさんとココリコ田中さん親子にはビックリ!
でもエリートな母親とダメ息子っていう感じは、よく出ていましたよね。

ストーリーはそれほど複雑ではなかったのかな。
原作は未読なので、原作との違いなどはわかりませんが~。
こういうドラマでは仕方ないことですけど、キャストがわかった時点で犯人の目星も付いてしまうという
いかにもな撮り方でしたしね。
暗号は知らないと解けないもので、結局叡古教授がすぐに答えを出しちゃうのね。
叡古教授の知識の高さを証明するためにあったようなもの。
謎解きに重点置くドラマというよりは、叡古教授をはじめとする登場人物のキャラクターや、その関係性を楽しむドラマだと思いました。
そうだ、物語があるかどうかが重要なドラマでしたね

キャストの皆さまが濃い方ばかりで、でも重くなり過ぎず、適材適所の配役と言っては失礼でしょうか。
叡古教授と南波刑事との凸凹コンビも、上手くかみ合っていましたね
役者としての田中さんは初めて観た気がしますが、上手いなぁと思いました。
またいつか叡古教授に会えることを予感させるエンディングも良かったです。
シリーズ化されることを強く希望します。
そのときは是非、叡古教授の奥様にもお会いしたいな~。
16:56  |  Naohito  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2714-80be7e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |