All archives    Admin

2016'07.22 (Fri)

面白いドクター

気温は低いけど、湿度が高くて思ったほどは快適じゃない東京です
梅雨明けはいつかなぁ?
モタモタしてたら、すぐに8月になっちゃいそうだよ。

さてさて一昨日と昨日、病院の送迎でバタバタしておりました。
ババ様が視力がおかしい、物が二重に見えて歩きにくいと言いまして~。
年も年なんで、見にくいのはある程度しかたないんですけど、これは何とかしないとフラフラして歩くのも危ない。
まずはかかりつけの眼科に行ったところ、何やら目そのものの問題じゃないかもしれないということになり。。。
すぐに脳のCT検査をした方が良いと言われちゃいました
知り合いの先生に紹介状をかいてくれて、速攻でその日の午後に予約

そこは脳神経外科が専門のクリニックで、ここのAドクターがとっても個性的な先生でございました。
私も一緒にお話を聞いたんですが、診察室はまるで先生の趣味の部屋か?!って感じで、面白そうな本や飛行機のプラモデルなどが並んでいます。
あとで調べたら、パイロットの資格もお持ちで、実際に空を飛んでいるらしい。
本を何冊も出していたり、メディアに出ることもあったりと、地元では有名なドクターのようです。

そしてCT検査だけでは原因がハッキリしなくて、念のため今度は別な病院でMRI検査をしてみましょうということに。。。
AクリニックではMRIができず、検査だけ他でやらせてもらうんですね。
翌日の午前中に行けますか?となり、翌日は別のK病院でMRI検査をして、すぐにその検査結果を持ってまたAクリニックへ行きました。
MRI検査のデータは、ディスクでもらえちゃうんですねぇ。
結局のところ、物が二重に見える原因は特定できず。
こういう症状で考えられるのは、脳腫瘍や脳梗塞などが浮かびますからね。
A先生も困った風で、とりあえずお薬(血液サラサラ系とビタミン剤なので、気休めみたいなもの)を2週間飲んで、様子をみましょうとなりました。
原因がはっきりしなくて、良いような悪いような。。。

A先生のお返事を持って、またまたT眼科へ行きました。
T先生は脳の疾患を心配して、急いで検査の手配をしてくれたみたいです。
緊急を要するような問題はなさそうで、T先生も喜んでくれましたよ。
それに合わせて眼科もしばらく様子見ですが。

2日間であっちこっちと病院のハシゴでしたけど、どこも車で10分以内の場所だったので助かりました。
それも検査の予約がめっちゃ早い!(←コレ重要)
地元にこうやって親身になって診てくれるお医者さまがいることがわかって、それは良かったと思います。
大病院だと検査の予約一つ取るのも、何週間も先になったりしますからね。
A先生は脳神経外科だけでなく、心療内科もやってらっしゃるので、今後も何かと頼りになるかも~。

それにしても、自分のことよりも家族の問題で、行動に制約が出てくるお年頃を実感ですぅ
何かあれば今後、お泊り遠征などが難しくなるかもしれません。
直友さんの中には、ご家庭の事情で遠征を自粛している方もいらっしゃいます。
やりたいことはやれる範囲で迷わずやる、そのポリシーで人生を楽しまないと勿体ないよね。
だから早いとこ、次のお楽しみプリーズ
19:07  |  日々雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2760-5991534f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |