All archives    Admin

2016'12.05 (Mon)

ヘンリー四世☆

シェイクスピアと何かとご縁のある今日この頃(笑)
ヘンリー四世』@新国立劇場を観てきました~。

新国立劇場1 新国立劇場2
世の中はすっかりクリスマス~

新国立劇場ではこれまでに、シェイクスピアの歴史劇を継続して上演しているんですね。
さい芸のシェイクスピアシリーズとも当然被ってます。
私は新国立で舞台を観るのは今回が初めて。
ちょっと気になる役者さんがいて、何となく観てみようかなぁとチケットを取ったんですよね。
この作品は、第一部 -混沌- と第二部 -戴冠- があり、それぞれが3時間ほどもある大作です。
1日通しで上演される日も多いですが、私は当初は第一部だけ観るつもりでした。
それが昨日のこと。
ですが、初日以降の感想を観ていたら、やっぱりせっかくなら第二部も観ようかという気分になりまして、実は先週の水曜日に急遽第二部を観ちゃったんですよ。
第一部より先に第二部を観るという暴挙でしたけど
いいのいいの、今回は内容についてのこだわりはほとんどないのでね。

気になる人というのは・・・

【More】

岡本健一さんでした。
最近は息子くんの方が有名なのかな?
すっごく昔にファンだった時期がちょいとありまして(笑)、最近は舞台役者として活躍されているので、気になる作品があれば観に行きます~
事前に岡本さんが演じると発表になっていた人物は一部で死んじゃうらしく、二部は観なくても良いかと思ってました。
それが二部では違う役を演じられていて、その振り幅がすごいらしい。
それを確認したくなったんです。
結果はですね、確かに凄かったです!
どちらもテンションが誰よりも異常に高くて、しかもそのテンションの方向性が正反対なんですよね。
第一部では血気盛んな反乱軍の若き貴族で、第二部ではイカれたチンピラ(パンクロッカー風・爆)
衣装も髪型もガラリと変わり、それぞれ魅力的でカッコよかったです。

そして作品としては素晴らしいと思うんですけど、私はシェイクスピアの史劇はやっぱりちょっと苦手かなぁ。。。
逆に観たのがいけないんですけれども、二部の最初は意味不明な部分が多くて。
登場人物が多いのも混乱に拍車をかけるし
主役のハル王子を演じた浦井さんは、ご自身の雰囲気からなのか、放蕩息子のダメさ加減よりも爽やかさが勝っていたような気がします。
それがダメというのではありませんが。
ヘンリー五世戴冠のラストシーンはとても凛々しかったです。
この作品の影の主役は佐藤B作さん演じるフォールスタッフ、ビア樽のような風貌で動き回り喋りまくりお疲れ様でした。
このフォールスタッフ役ですが、さい芸では鋼太郎さんだったそうで、それは観てみたかったかも(笑)
ヘンリー四世はリチャード二世から王位を奪還した人物なので、『リチャード二世』の経緯をわかってないと、ヘンリー四世の心情など理解しにくかったです。

新国立劇場ヘンリー四世1 王座に座って写真を撮れます。このクマちゃんは?
新国立劇場ヘンリー四世2 ←これは実際の舞台セットの模型☆

新国立の中劇場は扇形の客席です。
その客席の前方を舞台として使い、本来のステージはさい芸でいうところの舞台奥のように使われていました。
そのため10列目が最前列。
昨日は1階の後方でしたけど、ほど良い傾斜でとても観やすかったです。
客席通路を使うことも多く、お客さんいじりもあるので、ファンの人は楽しいでしょうね♪

急遽行くことにした先週は、2階席でした。
それも当日会場窓口でだけ買うことのできるお得なZ席、これはなんと1枚1620円なんです
歌舞伎座の幕見席よりも安いよ~(笑)
平日だったので余裕で買えましたが、昨日はZ席はほぼ完売だったような?
客席通路は全然見えませんが、舞台は思ったよりも観切れることなく、この値段で観られるなら大満足でしたよ

新国立劇場3 新国立劇場ヘンリー四世3
2階席は舞台が観やすいように、各席にクッションが置いてありました。
16:57  |  stage  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2853-e1f8b488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |