All archives    Admin

2017'05.05 (Fri)

母になる#4

もどかしい展開でしたね~。
家族にとって9年という歳月はあまりにも長い期間。。。
すぐに元通りにならなくて当たり前で、それを埋めるためにはやっぱり長い時間が必要だもの。
頑張り過ぎる結衣に、そんなに焦らなくても大丈夫だよ!と声をかけたくなっちゃいました。

じれったい展開の中で、陽ちゃんがほっこりさせてくれるのが救いです

【More】

もう何から何までイチイチ可愛いです。
洗濯機が直ってハイタッチで喜ぶ陽ちゃん
正座してクイズに答えるも、間違えてガックシする陽ちゃん
こっそり布団を近づけたのに、それを見つかって急に気まずい顔で戻す陽ちゃん
ペンキをほっぺに付けてる陽ちゃん
重苦しい雰囲気になりそうな空気を、陽ちゃんがフッと軽くしてくれます。
これはばあばの血筋ですね
そういう意味では西原夫妻も癒しの存在だわ~。
西原教授は相当女性を敵に回している言動かと思いますが、あれはあれで有りかと。

陽ちゃんは軽いだけじゃなく、結衣のことも広くんのことも良く見てますよ。
陽ちゃんも結衣もとても真面目な人だから、それだけいっぱい傷ついてしまったんだよね。
その気持ちを広くんも少しは感じたみたい。
3歳までの記憶か。。。
あまりの恐怖体験がそれまでの記憶を全て消去してしまったんじゃないかな。

それくらいの年齢の記憶って、何かしら残っているものなのでしょうか?
私はほとんどないんですけど、一つだけぼんやりとした記憶があるんですよね。
それは3歳の頃にばあちゃんに連れられて、初めて飛行機に乗ったこと。
CAさんに飴をもらったのと、窓の外が陽の光でキラキラしてた場面をおぼろげに覚えているんです~。
って話が逸れました

とにかく柏崎家の再生は少しずつ進んでいくと思います。
結衣と陽ちゃんの関係も~
そこで問題になるのが麻子の存在
いろいろな事情はまだわからないままですが、予告ではとんでもないことになってますよね。
いやいや、あれはないんじゃないっすか。
まぁここから本格的に2人の母の対決が始るってことでしょうか。
対決っていう言い方はおかしいですが~。
広くんにとっての幸せ、それが結衣と陽ちゃんの幸せに繋がりますように。。。
23:03  |  Naohito  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shimashimazebra.blog96.fc2.com/tb.php/2959-ae008696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |