attention。。。

昨夜は日付の変わる頃に帰宅して、いろいろやってたら寝るのが2時過ぎちゃいました
今日もあれやこれやとバタバタしまして、なかなかブログが書けそうもなく。
でもチケットのことや、切符手配などが上手くいって良かったです。
みどりの窓口に2回行ったもの~(笑)

名古屋&岐阜の遠征の話は、落ち着いてからゆっくり書きたいと思っています。
私の次の参戦は豊洲になるので、しばらくはお留守番組ですしね。
とにかくいろいろと想い出深い遠征になったことは間違いありません。

その前に、スタンディングのライブについてちょっと気になったことがあったので、それだけ先に書いておきます。
文句ではありませんが、できたら参加される方に知っておいて欲しいので。
もしこれを読んで気を悪くされる方がいらっしゃれば、先に謝っておきます。

2017ツアー@名古屋 2017ツアー@岐阜
誰でも記念に撮っておきたくなるシンボルですね(笑)
さてと。。。

気になったのは岐阜のライブのときです。
私は整理番号が200番台前半でした。
前の方ではないので、どの位置にするかは入ってから決めようと直友さんと話していました。
この会場は後ろに行くに従って、段差が4つか5つあるんですよね。
入場したところ、それぞれの段差の一番前はパッと見た感じほぼ全部埋まっている感じでした。
どうせ間に入るのなら出来るだけ前に行こうとなって、一番下の段の最後列のセンターに決めました。
そのときその一番下のフロアは、私たちが入った状態で若干余裕はあるけど、もう1列入るのは厳しいくらいのスペースだったんですよ。
そして開演して、すっごく前方ではないですけど、やっぱりめっちゃ近いし、視界も悪くなくてギターから上くらいはバッチリ観えました♪
それにどセンターだからか、視線がバシバシ飛んでくる錯覚も~

そんな感じでライブの前半は、手を動かすのは余裕でできていました。
それが少しずつ少しずつ空間が狭くなっていき、ラスト近くにはもう手を挙げるのも苦しいくらい前の人との距離が近くなっていたの
そうなんです、列が段々と後ろに下がって来ていたんです。
でも私の後ろは段差があって、かかとが段差にくっ付いているので、私はもう1ミリたりとも後ろに下がれません。
段差のところには柵がありましたが、この柵は全部ではなく、所々抜けてます。
私のいたどセンターのポジションは1メートルくらい柵がなくて。。。
足は下がれないのにこれ以上来られたら、間違いなく後ろに倒れますから~
多分皆さま手を動かしたりジャンプしたりで、無意識のまま少しずつ後ろに下がっているんだと思うんですよね。
もちろん悪気がないのはよ~くわかります。
そして1人の動く範囲が例え5センチくらいでも、それが5列10列となると、合わせるとかなりの長さになるという。
最初にいた位置で前の人が急に30センチ下がってきたと想像してみてください。
絶対に厳しいよ(笑)

ライブハウスでは前に押されるのが怖いと思っていたら、実際はその逆。。。
そして後ろに下がっていることは、自分を含めて自分よりも前の人は多分気がつかないんですよ。
後ろまで一切段差がなければ、もう少し気にならないかもしれませんが。
ということで、後半戦はあまり手も使えないような状況になってましたが、実際はそんな状況すら一体感の一部だと楽しめてましたけどね
まぁそれでも後ろに倒れる一歩手前くらいだったので、ちょっとそういう状況があることを皆さまに知ってもらいたくて書かせてもらいました。

まだまだツアーは続きます。
キャパの小さい会場では同じような状況が起きることが十分に考えられます。
直人さんのファンは節度があって前に押す人が誰もいないと、すごく評判が良くて嬉しくなりますよね。
それと同時に後ろに下がる危険性があることを、ほんの少しでも頭の片隅に置いておいていただけると幸いです。
私も今後は自分が後ろに下がってないか気をつけようと思います。
ライブに参加する全員が、気持ちよくライブを楽しみたいですものね。

こんなことを書いてしまって申し訳ありません。
でもでもでも、ライブ自体にはこれっぽっちも不満などなくて、めっちゃ楽しかったんです

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>カギさん、コメントをありがとうございます。
他の会場でも後ろに人が下がって来るという話はあったようですね。
実際に名古屋で私は端でしたが、横にも広がってきてました(笑)
ライブハウスの場合、多少なりとも動くのは仕方のないことでしょうね。
ただ前に押すのはみんな見えているけど、後ろに下がっているのは自分で気がつかないような気がします。
そして私も下がれる状態なら問題なかったんですが、下がるためには後ろの段に上がらないといけなくて。
それは常識的にできませんから。
それと最前列のように柵があれば踏ん張れるんだと思います。

あそこでもし私が倒れたりしたら、周りから見たら貧血でも起こして倒れたと思われそうだし。。。(^^;
何よりもそんなことになって一番困るのは直人さんのはず。
直人さんを困らせるようなことは絶対にしたくありません。
というわけで、長々と書いてすみませんでした。
少しでも今後の参考にしていただけましたら嬉しいです。

No title

しましまさん、こんばんは~。
段差がある会場はいいな~と思っていたのですが、そういった危険があるのですね v-405
振りをしようとすると、間隔が出来てきて列が下がっていく。
全く想像してなかったことですね~ v-356
とすると段差はない方がいいのかな・・・。

ライブハウス、スタンディングライブ、美味しさも知ってしまったけど(私はまだですが・笑)これはやっぱり冒険ですかね。
年齢的にも(笑)
せっかくの夢のような空間なんだから、最後まで事故のないように祈っています。

>ちぃなさん、こんばんは。
初日を前に不安にさせるような記事を書いてしまってごめんなさい。
本当にこれは文句とかではないんですよ。(^^;
私も実際にあの位置にいたから気付いたことで。。。

段差はあった方がやはり見やすいと思います。
フラットな場所でも、予想していたほどは見にくくないとも思いましたけど。
会場によっても違うでしょうし、本当にケースバイケースですね。

とにかくライブハウスの濃密な空間でのライブは、ホールで味わえない楽しさがあるのは間違いないです♪
だからこそ事故だけは起きて欲しくないですよね。
そのためにもこういう可能性があることを知っておいて欲しくて、あえて書かせてもらいました。
でもでも本当に最高にエキサイティングなライブですよ~(^^)v

No title

いえいえ、こういう注意すべき事例の記事を書いてくださってありがたいですよ~。
気を付けようと思いますし、そういう時の対処も少しは準備できるかと。

自分たちのためにも、直人さんのためにも、事故のないようしなくちゃですね。
エキサイティングなライブ、楽しみで~す♪

>ちぃなさん、優しい言葉をありがとうございます。
そう言っていただけて安心しました。
そうですよね、最後まで全ての人が心から楽しめるツアーになってほしいですものね。

いよいよちぃなさんの初日がやってきますね。
楽しんできてくださ~い♪
天使のハート
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

しましまゼブラ

Author:しましまゼブラ
いくつになっても明るく楽しくまったり生きてます(笑)
流れに任せて2010年4月より、鍼の治療院を開業中!!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム
ご意見やご感想などいつでも大歓迎です。こちらからお気軽にどうぞ~♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Natural Flower
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Thank you for coming